学校の授業を理解しやすくするための予習

予習の仕方を教えるのは基本

個別指導塾で授業フォローをするときには生徒が学校の授業に追いついていけるようにするのが当面の目標になります。予習復習が基本とよく考えられていますが、特に生徒が自分で行うのが難しいのが予習です。復習は授業でやったことを読み返すだけなので習慣作りさえできてしまえば生徒が自分で進めていくことはそれほど難しくありません。しかし、予習の場合には授業で教わる前に自分で教科書やプリントを読んで内容を理解しようと努力し、わからないことが何かも確認することが必要になります。また、次の授業でどのくらい進むのかも予想しておかないとどれだけ予習したら良いかもわからないでしょう。そのサポートをするのは個別指導塾で重要なことです。

授業時間は予習サポートに使おう

個別指導塾の授業時間は限られているのであらゆる教科の予習復習を全て行うのはほぼ不可能です。特にこの教科と指定されている場合でも予習復習を両方やるのは難しい場合があります。基本的には授業時間内に次の授業の予習をするように心がけ、復習は自宅でやってもらうようにするのが賢明です。授業を受けてもよくわからず、復習をしていてもわからなかったことだけ復習面はサポートし、予習に十分に時間を使う形で授業を進められると学力の伸びやすくなります。予習と授業という二回でほとんどの内容を理解できるようになり、復習を生徒が自分でやるのもスムーズになるからです。学校の授業のペースに追いつけないと授業時間が無駄になってしまうので予習を徹底的にサポートしましょう。

© Copyright Tutoring Schools Offer. All Rights Reserved.