問題練習量の確保

練習時間を確保して練習させることが大事

長期休暇中の講習会で大事なことは、講習会で習ったことを覚えてもらうことです。しかし、習ったからといって、すべて覚えるのは簡単ではありません。特に新しく習った知識などは定着しないのが普通です。そのため、練習問題を多く解いてもらう時間が必要になります。練習問題を数多く解くことで解き方などを身に付けてもらえます。ただ、講習会では時間が多くあるわけではないので、練習問題を解く時間を確保しておく必要があるのです。問題練習量が確保できれば、新学期が始まってからも覚えている確率が上がります。新学期が始まったあとの武器になる可能性があるのです。個別指導では先生の授業の進め方によって、時間を確保することができます。計画段階で練習問題を解く時間を確保しておきましょう。

長期休暇中は繰り返し復習できるのがメリット

長期休暇中の講習会では生徒と長く時間を過ごすことができます。講習中であれば、生徒に同じ問題を復習してもらうことも可能なのです。特に講習中は毎日のように授業がありますので、復習をする頻度を多くすることができます。週に一回程度の頻度では、生徒に何度も復習してもらうことは難しいでしょう。毎日会えるメリットを最大限に生かして、練習問題を解く量を増やしておくようにしておきます。例えば、毎日授業で同じ質問をしていれば、最後には覚えてしまいます。そのような問題の出し方を授業にちりばめておくのです。問題を解いていると生徒が意識していなくても、練習させることは可能でしょう。練習させれば生徒は知らず知らずのうちにレベルアップできるのです。

中高一貫の塾では学習進度が早いため、学校の授業を先取りして勉強をすることになります。したがって塾で習ったことを学校の授業で復習でき、効率の良い勉強ができるのがメリットです。

© Copyright Tutoring Schools Offer. All Rights Reserved.