通常の指導で主に行うこと

通常期は、学校の授業をきちんと理解し、定期テストで成果を出していくことが最も重要です。個別指導塾では、生徒が「理解し、できるようになる」のを目標に、指導のカリキュラムが組まれています。学校や塾から出された宿題をきちんとこなすなど、家庭学習も大切でしょう。

学校の授業を理解しやすくするための予習

個別指導塾で授業フォローをするときには生徒が学校の授業に追いついていけるようにするのが当面の目標になります。予習復習が基本とよく考えられていますが、特に生徒が自分で行うのが難しいのが予習です。復習…

Read more »

学校の授業で分からなかったことを理解し、定着させるための復習

個別指導塾で授業フォローをするときに欠かせないのが復習の指導です。学校の授業を受けてわからなかったことがあると、次の授業のときにもっとわからないことが増えてしまいます。可能な限り前回までの授業内容…

Read more »

定期テスト対策

個別指導を行っている塾で、一般的に行われている指導の一つが、生徒が通っている学校の定期テストための対策です。定期テストのための勉強をすることには、学期ごとの成績を上げるだけでなく、さまざまなメリッ…

Read more »

>

個別指導塾に通うとどんな良いことがある?

長期休暇中の講習会で行うこと

学校の授業が進まない長期休暇中は、学力アップのチャンスです。夏期講習や冬期講習などの講習会では、「苦手な教科をなんとかしたい」「普段より学習量を増やしたい」といった生徒一人ひとりのテーマに合わせて指導が行われます。

休み明けテストに向けての対策

重要な休み明けテスト

個別指導塾では夏休みや冬休みなどの長期休暇を利用して、講習会が行われることがあります。こうした講習会で行われることが多いのが、学校で休み明けに行われるテストに向けての対策です。休み明けのテストは普段の定期テストとは異なった難しさがあるので、そのための対策にも十分な時間をかける必要があります。休み明けテストの難しいポイントは、夏休みや冬休みなどの長い休暇をとった後では、その前の学期に教わった授業の内容を忘れてしまっていることが多いことです。前学期に教えたことの復習をするという意味でもこうした休み明けテストは行われるのですが、個別指導塾ならばこうしたテストの対策も一対一でできるので、よりきめの細かい指導が可能です。

前学期に教わったことの復習

休み明けテストの対策として、個別指導塾で行われるのが前学期の教わった教科内容の復習です。中間テストや期末テストの範囲として出題された部分を、もう一度丁寧に復習することで、休み明けのテストにもしっかりと対応できます。教科によっては覚えたことを忘れやすい部分も多いですが、個別指導塾ならば生徒の理解に応じて、必要な復習ができます。また定期テストで十分な成績をとれなかった生徒にとっても、休み明けテストの対策はよい復習の場となります。定期テストでは十分に理解しきれなかったところを、長期休暇を利用して個別指導塾で教えてもらうことにより、休み明けテストだけではなく、次の学期の勉強にも役立ちます。長期休暇の過ごし方によって生徒の成績にも差が現れます。

© Copyright Tutoring Schools Offer. All Rights Reserved.