学校の授業で分からなかったことを理解し、定着させるための復習

復習は授業フォローの基本

個別指導塾で授業フォローをするときに欠かせないのが復習の指導です。学校の授業を受けてわからなかったことがあると、次の授業のときにもっとわからないことが増えてしまいます。可能な限り前回までの授業内容を理解した上で次の授業を受けられるようにするのが授業フォローでは重要になります。ただ、大きな問題なのが生徒自身が何がわかっていないのかが理解できていない場合が多いことです。個別指導塾では生徒一人一人に合わせて指導できるのがメリットなので、よく話を聞いたり、問題を解かせてみたりしてわかっていない部分を見つけ出しましょう。そして、その内容をわかりやすく説明して理解を促していくと授業に追いついていけるようになります。

最終的には自分でできるようにするのを目指そう

復習は最終的には生徒自身で行えるようにするのが理想的です。授業の内容をほとんど理解できるようになると、わからないのはここだけだと判断できるようになるでしょう。そのレベルまで引き上げるのに欠かせないのが、復習指導をしているときになぜそこがわからないと先生が理解できたのかを説明することです。話をしていて理解度が低い場所が見つかったなら、どうしてわかったのかを説明しましょう。問題を解かせて気づいた場合には、問題への解答と理解度との関係について説明するのが良い方法です。このような指導を取り入れていくことで生徒が自分でわかっていないことを把握できるようになり、スムーズに復習を進められるようになるでしょう。

© Copyright Tutoring Schools Offer. All Rights Reserved.